1. TOP
  2. 寝る前には、必ず山盛りてんこ盛りのクレアラシルクリームタイプで。

寝る前には、必ず山盛りてんこ盛りのクレアラシルクリームタイプで。

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 39 Views

10代からずっと白ニキビに悩まされていたのですが、顔の油分がかなり多い体質だった事が問題かと思い洗顔に気を配るようにしました。

多少効き目はありましたが、治りかけたとしても増えるスピードの方が早かったので、たまたま見たTVCMのクレアラシルという薬に頼ることにしました。

学生には少し高く感じましたが、これを使った事で劇的な治癒力を実感し手放せなくなりました。

顔に塗った時の見た目がちょっと恥ずかったので寝る前にだけ少し塗ると言った感じでした。

ですがやはりたっぷりと山盛りてんこ盛りでニキビを覆い隠すように塗るのが1番効き目があり、次の日にはじっとりとした油分が抜けて干乾びたような枯れかかった様な感じになるのです。

そこからは皮膚の表面の皮がカサカサと剥げ落ちていく感じで、炎症もなくなりケガが治ったという感覚でした。

ニキビ菌はうつると聞いていたのでニキビの直径よりも少しはみ出るくらいしっかりと多めにつけるのがコツです。

かなり大きめのちょっと厄介なニキビが出来た場合は兎に角治るまで夜寝る前には塗りたくっていました。

その内昼間でも薄く分からない程度に塗る事も試すようになり、そうすることで思いのほか治りも早かったです。

若いと治った先からニキビが出来ていたので少しだけ安い値段のビフナイトを選んで塗ってみたのですが、成分が似ているようでこれもまた同じような効き目でした。

ただ安い分だけ、分からないくらいほんのわずかですが効き目が弱いようにも感じられました。

ですがクレアラシルの弟分という感じで満足できる効果です。

メンソレータムアクネスという商品を使ってみたことがあったのですが、ジェルタイプで乾く事が無く効果も全く感じられませんでした。

が、これは赤ニキビ用だと後から知り大失敗でした。

とにかく洗顔を何度もするよう心がけて油とり紙でしっかりと油も取り除き、そこで気になるニキビへ薬を塗る作戦を取ると言った感じです。

食べ物がどうしても肉類多めだったので、出来るだけ野菜を摂取することで顔の油分も多少抑えられたと思います。

次に吹き出物と呼ばれる年齢になってから出来る事のあるニキビですがこれはなかなか治らないもので、髪の毛や服などが触れて刺激の無いように心掛けました。

そしてやはりクレアラシルをたっぷりと塗り続けますが、年齢肌のせいもあってニキビ後の乾燥した状態の肌表面が弱り、時々痛みも感じる事があった為そんな時はフルコート軟膏を少しだけ塗るようにすると問題なく治りました。

洗髪洗顔で清潔さを保つことは最も大事だということ、出来てしまったニキビにはやはり薬を使用することがお勧めです。

\ SNSでシェアしよう! /

ニキビ跡の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニキビ跡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

taiken

この人が書いた記事  記事一覧

  • 皮膚科で処方された4種類の内服薬でニキビ治療をしました

  • 乾燥からできるニキビもある

  • ハトムギ化粧水

  • 念入りな洗顔とソンバーユ(馬油)で治りました

関連記事

  • 念入りな洗顔とソンバーユ(馬油)で治りました

  • ハトムギ化粧水

  • 周りで流行っていたどろあわわ

  • 皮膚科で処方された4種類の内服薬でニキビ治療をしました

  • 乾燥からできるニキビもある

  • LUSH