1. TOP
  2. 皮膚科で処方された4種類の内服薬でニキビ治療をしました

皮膚科で処方された4種類の内服薬でニキビ治療をしました

 2017/05/06 未分類
この記事は約 2 分で読めます。 88 Views

私は中学生の頃から20代前半まで約10年間もの間ニキビに悩んでいました。

学生の頃は顔の皮脂が過剰に分泌される事が原因で起きてしまう思春期ニキビでした。

その当時は皮膚科に行くという考えがなかったのでひたすら洗顔して顔の皮脂を落としたり、果物や栄養ドリンクを飲んだりして自己流で治していました。

劇的に減る事はなかったのですが赤く腫れ上がったニキビではなかったのでそこまで気にはしていませんでした。

大人になってからは毎日遅くまで残業したり、一人暮らしで食生活が乱れたり、毎日のメイクが肌が荒れてしまいさらには口周りに赤く大きなニキビがぽつぽつ増え始めました。

社会人になってからは人からの目を気にするようになり、「さすがにこの顔のままではまずい」と思い、皮膚科に行こうと決心しました。

メイクがいけない、食生活や不規則な生活がいけない、ストレスがいけないなどいろいろ言われるのではないかと心配しましたが、皮膚科の先生は「大人ニキビはホルモンのバランスの関係でどうしてもできてしまうので仕方ないんですよ」と言い、4種類のビタミン剤と塗り薬を処方してくださりました。

私が処方された薬はシナール配合錠、ビフロキシン配合錠、ハイチオール、ユベラNソフトカプセルの4種類の内服薬と、塗り薬のアクアチムクリームです。

1日3回毎食後に薬を飲み、朝夜の洗顔後に塗り薬を塗る生活を2か月程続けました。

その結果、治療前と比べ見違えるようにニキビが減り肌がきれいになりました。

正直、最初は薬を飲んだだけで何年も悩んでいたニキビがなくなると思っていなかったので、ここまで肌が回復するとは驚きました。

保険適用だったのでドラッグストアで何種類もサプリメントを買うよりも安かったです。

今でもニキビ予防として通院しています。

\ SNSでシェアしよう! /

ニキビ跡の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニキビ跡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

taiken

この人が書いた記事  記事一覧

  • まさかのムヒで肌キレイ

  • ニキビ治療薬「ディフェリンゲル」の体験談

  • 出来るだけニキビにはさわらず、ケアを丁寧に

  • 皮膚科で処方された4種類の内服薬でニキビ治療をしました

関連記事

  • まさかのムヒで肌キレイ

  • 出来るだけニキビにはさわらず、ケアを丁寧に

  • 念入りな洗顔とソンバーユ(馬油)で治りました

  • ニキビ治療薬「ディフェリンゲル」の体験談

  • 周りで流行っていたどろあわわ

  • 乾燥からできるニキビもある