1. TOP
  2. 出来るだけニキビにはさわらず、ケアを丁寧に

出来るだけニキビにはさわらず、ケアを丁寧に

 2017/06/01 未分類
この記事は約 2 分で読めます。 52 Views

私は小学生ぐらいから社会人になって25歳ぐらいまでずっとニキビに悩んでいました。

学生の時は顔全体に膿んでいるような大きいニキビがたくさんあり、今写真見ても痛々しい感じで赤く腫れたような顔をしていました。

大人になるにつれて顔のニキビはだいぶんキレイになってきたのですが、位置が変わり首の方までニキビが出てくるようになりました。

長年悩んでいたニキビですが20代後半に入ってからはキレイにニキビが治り全くでなくなりました。

その時にまず気を付けていたのが、触ってニキビをつぶしてしまうクセがあったので触るというのを我慢しました。

出来るだけ顔に触れないように家に帰ったらまず、髪の毛をくくる。

前髪も顔にかからないようにあげました。

寝る時も少し寝にくいですが、そのままくくって顔になるべく刺激を与えないように気を付けました。

化粧水や乳液もとりあえずニキビが出ているところまでしっかりつけるように心がけました。

肌が乾燥してしまうと余計にニキビが治りにくいとも聞いたので、化粧水は特に保湿がしっかり出来る物で1回つけるだけではなく何回も重ねづけをして乾燥をしないように心がけました。

メイクも本当は肌の負担を考えるとしない方がいいと思いますが、私は触ってしまうというのがあったのでメイクしていると触るとメイクが崩れるので触らなくなるというのもあり、休みの日でもメイクをしていました。

なのでその分丁寧にクレンジングするであったり、先ほどの化粧水の付け方など時間をかけて丁寧にしていました。

薬や病院に行ったりは一切していないですが、根気よく半年ぐらい続けていくと少しづつニキビが治っていきました。

やっぱり清潔にするという事が大事だったんだと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

ニキビ跡の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニキビ跡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

taiken

この人が書いた記事  記事一覧

  • まさかのムヒで肌キレイ

  • ニキビ治療薬「ディフェリンゲル」の体験談

  • 出来るだけニキビにはさわらず、ケアを丁寧に

  • 皮膚科で処方された4種類の内服薬でニキビ治療をしました

関連記事

  • 皮膚科で処方された4種類の内服薬でニキビ治療をしました

  • LUSH

  • ニキビ治療薬「ディフェリンゲル」の体験談

  • 乾燥からできるニキビもある

  • 念入りな洗顔とソンバーユ(馬油)で治りました

  • ハトムギ化粧水